WisePointBrowser
(スマートフォンの端末認証)

導入事例

導入事例

スマートフォンの端末を識別

「WisePoint Browser」は認証システム「WisePointシリーズ」でスマートフォンの端末認証を行うための専用ブラウザです。スマートフォンが端末ごとに固有に持っているIDをキーにして端末を識別します。

スマートフォンの端末IDがユーザIDの代わりとなるので、ユーザが入力する手間を省き、煩わしさを解消します。
「私用のiPhone/iPad端末からはアクセスさせたくない」、という場合などには、アクセスできる端末を業務用端末だけに限定できるので、効果的です。

iPhoneとWisePointで実現する手軽でセキュアなリモートアクセス

※「WisePoint Browser」は無料でダウンロードしていただけます。
※スマートフォンの端末認証はオプションライセンスです。
※Androidの端末認証にも対応しております。

このページトップへ

認証フロー(iPadの場合)

WisePointのiPhone/iPadデバイス認証機能とイメージングマトリクス認証を組み合わせてシステムにアクセスする場合。

【1】WisePointBrowserアイコンをタップして起動する iPad認証フロー01
【2】自動的に事前に登録しておいたURLにアクセスし、デバイス認証が行われる
デバイス認証が完了すると、イメージングマトリクス認証画面が表示される
iPad認証フロー02
【3】ユーザが事前に決めた画像(パスワード)を指でタップする iPad認証フロー03
【4】ログイン処理中 iPad認証フロー04
【5】ポータルサイトやグループウエアへアクセス iPad認証フロー05
このページトップへ

ダウンロード

「WisePoint Browser」は端末認証を実現する専用ブラウザです。

iPhone/iPad用

App Store からダウンロードできます。
「WisePointBrowser」 (~iOS4.x)
「WisePointBrowser5」 (iOS4.3~6.x)
「WisePointClient」 (iOS4.3~5.x)

Android用

Google Play からダウンロードできます。
「WisePointBrowser」

※WisePointBrowserは、社内でWisePointシリーズスマートフォンオプションを導入されているお客様のみご利用いただけます。
※旧バージョンのWisePointシリーズ製品を導入されているお客様は、最新バージョンへのバージョンアップが必要となります。
※iPhone/iPadに対応:WisePoint ver.4.1.18~、WisePoint Authenticator4.1.19~、WisePoint OTPGenerator4.1.19~、WisePoint for Google Apps4.1.19.1~。
※Androidに対応:WisePoint4.1.19.2~、WisePoint Authenticator4.1.19.9~。
※iPad対応はWisePointBrowser ver.3.0~。

* Apple、Appleのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。iPhoneはApple Inc.の商標です。
* iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

ページトップへ