WisePoint Authenticator

テレワークや外出先からいつでも社内ネットワークに安全にアクセス。働き方改革推進に貢献します。

特長と機能

  • SSL-VPN等のRADIUS対応機器と連携し、ネットワークアクセス時の本人認証を強化
多彩な認証機能
  • イメージングマトリクス 認証
  • マトリクスコード 認証
  • Jパスワード 認証
  • スマートデバイスID認証
  • ハードウエアトーク認証
  • ソフトウエアトークン認証
その他の特長
  • SSL-VPN連携
  • 無線LAN連携
  • 認証スイッチ連携
  • マルチテナント
  • ログ管理
  • LDAP/ActiveDirectory連携
  • DBは製品にバンドル

連携可能製品

SSL-VPN連携製品
  • PulseSecure PSAシリーズ(Pulse Secure)
    *旧Juniper MAGシリーズ
  • BIG-IP APM(F5 Networks)
  • Cisco ASA 5500シリーズ(シスコシステムズ)
  • SonicWALL(デル)
IP-VPN連携製品
  • Cisco ASA 5500シリーズ(シスコシステムズ)
  • Software Blade(CheckPoint SOFTWARE TECHNOLOGIES)
認証VLAN連携製品
  • Apresia(APRESIA Systems)
  • OmnSwitch(日本アルカテル・ルーセント)
  • AXシリーズ(ALAXALA Networks)
  • Cisco Catalystシリーズ(シスコシステムズ)
無線LAN連携製品
  • Mobility Controllers(Aruba Networks)
  • Cisco Aironetシリーズ(シスコシステムズ)
FireWall
  • Power-1アプライアンス(CheckPoint SOFTWARE TECHNOLOGIES)

システム構成

システム構成図、サーバ配置の一例です。
イメージングマトリクス認証の場合は2台構成、マトリクスコード認証の場合は1台構成が基本となります。
WisePoint AuthenticatorがRADIUSサーバとして機能し、各種ネットワーク製品の外部認証として利用可能。

WisePoint Authenticatorシステム構成例

動作環境

プラットフォーム
Red Hat Enterprise Linux ver.7
データベース
PowerGres(製品にバンドル),Oracle10g以降(有償)
クライアントOS
Windows,MacOS,iOS,Android
ブラウザ
GoogleChrome,FireFox,Safari,Edge,Internet Explorer

関連製品:WisePoint OTPGenerator

ワンタイムパスワードを生成、表示するためのシステム。
生成したワンタイムパスワードは、RADIUSに対応したシステムであればどんなシステムとも連携可能です。

WisePoint OTPGenerator利用イメージ

利用例:
スマートデバイスから、スマートデバイスID認証を利用して、ワンタイムパスワードを表示する設定。
この方式ではスマートデバイスがトークンとなり、ユーザがPIN番号を入力する煩わしさもなく、簡単に利用できます。

  • ワンタイムパスワードを発行しなければログインできない仕組み
  • PCでも利用可能ですので、モバイル端末を忘れたり、紛失した時でも、PCでワンタイムパスワードを生成することで、業務に差し支えることはありません
 
  ページトップへ    ▲