WisePointシリーズの認証

WisePointシリーズには、多彩な認証方式が用意されています。セキュリティポリシーによって様々な認証方式を使い分けることも可能です。

ID・パスワードだけで大丈夫?

クラウドサービスやスマートフォンが日常生活に欠かせなくなった現在、ID・パスワード認証は毎日のように利用していて、とても身近なものとなりました。しかしアプリケーションの増加に伴って、その管理に苦労されていませんか?
それゆえに、
・簡単に推測できる単純なもの
・複数のサービスで同じものを使いまわす
・長い間変更しない
など、管理が緩くなりパスワード漏えいのリスクが高まります。
WisePointはワンタイムパスワード、多要素認証、多段階認証で本人認証を強化し、なりすましによる不正アクセスのリスクを軽減します。

 

パスワード管理の悩みを解決する多彩な認証方式

WisePointはID/パスワードだけではない様々な認証方式をご用意しています。
視覚的にわかりやすい画像や乱数表などをパスワードに用いる、ブラウザベースのワンタイムパスワード認証のほか、GoogleAuthenticatorやハードウエアトークンもご利用可能です。

  • イメージングマトリクス 認証
  • マトリクスコード 認証
  • Jパスワード 認証
  • GoogleAuthenticator認証
  • スマートデバイスID認証
  • ハードウエアトーク認証
ワンタイムパスワードのメリット
  • ワンタイムパスワードは一度きりの使い捨て
    (流出しても使用済みパスワードではログインできないので、不正なログインを防止できる)
  • 毎回パスワードは変わるので、定期的なパスワード変更は不要
 

イメージングマトリクス認証

絵柄・記号、図形などをキーとする、新しい形式のワンタイムパスワード!
  • 憶えやすく忘れにくい絵柄・図柄で認証
  • ユーザが思い出すのは自分で事前に決めた画像とその順番
  • クリック方式でスマートフォン等でも入力が簡単
  • ログイン毎に画像の位置情報が変化することで、ワンタイムパスワード認証を実現
  • クライアントに特別なソフトウエアをインストールする必要は無く、ブラウザがあれば利用可能
イメージングマトリクス認証
 

マトリクスコード認証

記憶と所有物による二要素認証で、金融サービスレベルの強度を実現
  • ユーザ毎にユニークな乱数表を用いた認証
  • ユーザはサーバから指定された行列の数値を入力するだけ
  • ログイン毎にチャレンジコードが変化することで、ワンタイムパスワード認証を実現
  • 記憶と所有物による二要素認証
  • ゲストユーザ用に一時貸し出しなどの対応も可能
  • クライアントに特別なソフトウエアをインストールする必要は無く、ブラウザがあれば利用可能
マトリクスコード認証
 

Jパスワード認証

ユーザが持っている従来の記憶によって、「忘れないパスワード」で認証
  • 本人しか知らない既知情報を「質問(チャレンジ)」と「答え(レスポンス)」として登録利用できるので、覚えやすく忘れにくい認証方式
  • 日本語(全角文字:漢字やひらがな)と英数字を利用できます
  • パスワードに利用可能な文字数が英数字のみの認証と比べ増加するため、総当たり攻撃に強い耐性を発揮
  • クライアントに特別なソフトウエアをインストールする必要は無く、ブラウザがあれば利用可能
Jパスワード認証

GoogleAuthenticator認証

TOTP方式のソフトウエアトークン認証
  • モバイルアプリ「Google認証システム」で表示された確認コードを入力
  • 事前に端末側に読み込ませるQRコード(秘密鍵)を社外では表示させない等の安全を保つ設定もあり
GoogleAuthenticator認証

スマートデバイスID認証

デバイス固有の個体識別番号を利用した、手軽で安全な端末認証
  • スマートデバイス端末ごとに固有に持たせたIDで端末を特定
  • ユーザID入力の手間を省略
  • 専用アプリ「WisePoint Browser」または「WisePoint Client」からアクセス
  • iOS/Androidに対応
スマートデバイスID認証
AppStoreからダウンロード
Google Play で手に入れよう

Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録されたApple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

ハードウエアトークン認証

表示されたワンタイムパスワードを入力するだけ
  • OneSpan社のDIGIPASSに対応
  • 一定時間ごとにパスワードが変わるハードウエアトークンを使ったワンタイムパスワード認証
  • ネットバンキングレベルの高いセキュリティ強度
  • 記憶と所有による二要素認証
ハードウエアトークン認証
  ページトップへ    ▲